若年性認知症とその家族

家族はどうすればいいのか?

入院して認知症と向き合う

車椅子を押しているイメージ若年性認知症と診断を精神科で受けた場合、「入院をするのか」「自宅で看るか」が、重要なポイントになってきます。

 

あまりに重症度が高いようで、核家族という家族構成の場合は入院するケースが多かったです。

 

入院をしたら、そのまま放置してはいけません。私の経験上、入院したらボケた家族には会いたくないとか、精神科に通っているところを見られたくないということから、面会にもこない家族の方がいらっしゃいました。

 

患者さんは認知症と診断されていても、家族を認識できる方だっているのです。実際に入院されたことのある方であれば、分かると思いますが入院生活はとても退屈です。

 

面会にきてくれることへの患者さんの嬉しさが家族にも分かるでしょう。そして、面会時に医療者側から、病状がどのように変化しているのか、説明を受けることができます。

 

そして今後どのようにすればよいのかというアドバイスも貰えるのです。面会に行くことは患者さんの為でもありますが、同時にその家族の為でもあるんです。

 

もし、患者さんが自分のことを忘れてしまっていたとしても、ゆっくりと話しかけていきましょう。話をするということは脳の活性化に繋がります。少しずつでも刺激を与えていくことはとても重要なのです。

 

自宅で認知症と向き合う

歩くのを支える介護のイメージ患者さんが自宅で療養する場合は軽症な方が多いですが、必ず行動は注意して見ていましょう。

 

何をするか、分かりません。食べられないものを口にしてしまうかもしれません。危険なものをいじってしまうかもしれません。外に行ってしまうかもしれません。

 

自宅で看る場合は、仕事は出来ないと考えて看護してください。

 

そのくらいの覚悟がなければ若年性認知症の患者さんの介護はできません。厳しいことを言うようですが、それが若年性認知症と向き合うということなんです。

 

そして、忍耐強く毎日同じことを繰り返し教えていってあげてください。日に日に忘れることが多くなったりもします。これは必ず病院の受診時に報告することを忘れないで下さい。毎日の出来事をメモしておくのもいいでしょう。